interview

Member
三好正人1
Masato Miyoshi

三好 正人2021年入社 / 技術社員

目の前の仕事に向き合い、成長していく

Q1.学生時代に頑張ったことはなんですか?

大学では、工学部機械工学科で学んでいました。

また、小学校3年生から今にいたるまでずっと野球を続けており、高校のときにはキャプテンで4番エースも務めました。

Q2.ウィルオブ・コンストラクションに応募した理由はなんですか?

工学部だったこともあり、就活を開始した当初は車の部品メーカー等に面接へ行っていましたが、グループ面談を通して「自分は人とコミュニケーションが取れる仕事がしたい」と思うようになりました。

現場監督は職人さんとコミュニケーションを取らないと、工事が進みません。

大学で選考していたモノづくりという観点も合わせて、建設業界は魅力的に映りました。

その中でウィルオブ・コンストラクションを選んだ理由は、選考を通して人が明るく、楽しそうな雰囲気を感じ取ったことと、自分のパーソナリティまでしっかり見ていただいたことが大きいですね。

Q3.就職活動で大変だったこと・大切にしていたことは?

企業を探す際には、自らの強みだったコミュニケーション能力を活かせる仕事であることは譲れませんでした。

その上で、モノづくりという視点も大切にしていました。

また、面接時には、社員の方は自分をちゃんと見てくれているか、こんな上司のもとで働きたいと思えるか、ということも重要視していました。

大変だったことは、コロナ禍で中小企業や不況にあえいでいる業界は、最初の段階から選びにくかったことです。元々、ベンチャー寄りの企業を重点的に探していましたが、コロナ禍での経営状況などを考えたときに、なかなか飛び込めなかったですね。

Q4.職場の雰囲気は?

働きやすい環境でやらせていただいています。

現場では職人さんともよく話しますし、プライベートで遊びに行くこともあります。

見た目がコワい方もいらっしゃいますが(笑)、話してみると優しい方ばかりですよ。

Q5.仕事で大変なことは?

私がいま携わっている新築工事は、日々刻々と現場の状況が変わります。

予定外の事態が起こることもしばしばです。

現場監督として、その変化を把握し、対応していくことは大変ではありますが、そこにこそ現場監督としてのやりがいも感じています。

Masato Miyoshi

Q6.休日の過ごし方は?

友人とご飯に行ったり、買い物に行ったり…。

今も草野球をやっていますね。

ただ、仕事で疲れているときは、家に引きこもって映画を観たり、FPSゲームをやって、ストレスを解消しています(笑)。

Q7.これからの目標は?

今の現場の竣工を見届けることが一番の目標です。

完成の喜びや感動をまだ味わえていないので、その瞬間に立ち会ったとき、自分がどう感じるのか、そこにワクワクしています。

また、2級施工管理技士の資格は早い段階で取得したいですが、経験も知識もまだまだですので、目の前の仕事に向き合って、まずはビシバシ働いていければと考えています。

Q8.建設業界への就職を検討している後輩たちへのメッセージをお願いします

建設業界で働く上で一番大切なことは、”正直”になることです。

未経験から始めたのであれば、当然分からないことばかりでしょう。

専門用語なんて何百、何千とあるわけで、すべてをいきなり覚えるなんてできるわけありません。

ですから、分からないことは分かりませんと、正直に伝えることが大切だと思っています。

分からないことをそのまま放置していたら、施工ミスにも繋がってしまいますから。

そして何より、ツラくなったときには自分に正直になって、周りの人に頼ってください。

INTERVIEW一覧

  • TOP
  • interview
  • 目の前の仕事に向き合い、成長していく